スーパーゴーヤと沖縄れいしで緑のカーテンを作る2022

ゴーヤ・れいし・ニガウリ
スポンサーリンク

 

3年ほど続けて失敗しているゴーヤ栽培。

今年こそはとチャレンジして失敗しつづけるも、3年も続けて失敗するとけっこうショックなのです。

 

ということで今年は、病気に強いと言われている接ぎ木の苗を買ってみようと計画していました。

良い苗があればすぐに買うつもりで、週に何度かホームセンターに行っておりました。

しかし、今年はしっかりした台木の接ぎ木苗が出てきません。

接ぎ木が苗が無いわけではなく、あるにはあるのですが、ヒョロヒョロした苗で思っているものが無かったのです。

 

そんなことで6月になってしまい、植えるのに良いタイミングを逃してしまった感じになってしまいました。

6月にもなると、販売されている苗はつるが延びて健康そうなものは見当たらなくなってしまうのが例年の流れです。

 

今年も同じく、販売されているゴーヤの葉は黄色く変色しているものもあり、一見しただけで元気がないのが分かります。

そんな中から、元気そうな苗を二つ選んできました。

 

スーパーゴーヤ(大苗)

ゴーヤ・れいし・ニガウリ

 

沖縄れいし

ゴーヤ・れいし・ニガウリ

 

この2種類です。

2年か3年続けて、同じ種苗メーカーのゴーヤの苗を買ってダメだったので、今年は違うものを買おうと考えていました。

西日が強く当たるうちの店環境と、そのメーカーの苗との相性が悪かったのかもしれないと思ったのが、その理由です。

 

「大苗」と書かれているスーパーゴーヤが気になる方がいるかもしれないので、大きさの比較をした写真も貼っておきます。

 

ゴーヤ・れいし・ニガウリ

 

左のスーパーゴーヤはデカいでしょ^^

スーパーゴーヤの苗で残っていたのは5つほどあり、店頭に並んでからある程度の日数が経っていて、つるが延びて隣の苗と絡まっている状態でした。

その中で茎が折れていないものを選んできたのです。

さらには、すでに雌花のつぼみができていたのです。

 

ゴーヤ・れいし・ニガウリ

 

雌花の蕾は一つだけではなく、5つほどありました。

収穫の楽しさもありますが、うちの場合、西日除けとして「緑のカーテン」を作りたいので、実に栄養が偏らないように、写真の雌花は切っておきました。

このあと、プランターに植え替え、その後数日でほかの雌花が開花。

 

ゴーヤ・れいし・ニガウリの雌花

 

雌花は開花したものの、雄花が咲いていないので、実は大きくならないでしょう。

 

そして、ネットを張ったのが19日の日曜日でした。

 

ゴーヤ・れいし・ニガウリ

 

てなことで、プランターへの植え替えをして、緑のカーテンができるのを待つことにします。

以上
東大阪のヘアーサロン
オーパス21の前田でした

コメント