スポンサーリンク

アジサイとホタルの小旅行

お知らせ

☆ 完全予約制で営業しています。

当日ご来店の場合も、必ずお電話で空き時間の確認をお願いします。

☆ 自粛していたシェービングを再開しました。ただし、新型コロナウイルスの感染者数が増加傾向になると、再び自粛することがありますので、ご了承ください。

マスクをしたままでカット可能です。

受付時間
火曜日~金曜日 : AM 9:00~PM 6:30
土日祝日 : AM 9:00~PM 6:00

06-6781-6459

ホタル

毎年6月になると、蛍とアジサイを見に行くことが恒例となっています。

今年はコロナウイルスの影響で、見に行けるか不透明な感じでしたが、無事に行くことができました。

 

ホタルが飛び出すのは午後8時頃からなので、それまで時間つぶしを兼ね、アジサイを見に行ったのが妙見山。

ここにリフトがあり、見下ろす形でアジサイを見ることが出来るのです。

 

妙見山のリフト

 

リフトのチケットを購入しようと自動券売機の前に立った時、係の方が出てこられて、気遣いをしてくれました。

「アジサイはまだ早いんですけど、いいですか? 良かったら、少し中に入って見てください」

こう言われました。

 

乗り場に入れてもらい、アジサイを見ると、確かにまだ早い感じ…

 

アジサイ

 

咲いてはいるものの、色づきがまだ浅いのでした。

しかし、のんびりとリフトに乗るのも気持ちがいいので、乗ることにしまして、片道12分のリフトを楽しんできました。

 

その後、メインイベントのホタル鑑賞に向かい、夜が更けるのを待ちました。

 

ホタルの撮影は事前準備が重要なんです。

明るいうちにピント合わせをしておき、ホタルが出るのを待ちました。

しかし、一向に光ってくれません。

 

別の場所に行っていた奥さんに連絡してみると、そちらは出てるとのこと。

慌てて撤収し、向かったのですが、先ほど書いたように別の場所では、構図やピントなどの下準備が出来ていません。

 

あてずっぽうでピントを決め撮ってみましたが、ワタシが行った頃にはホタルの数も減っていたようで、残念な結果になってしまいました…

 

ホタル

 

毎年撮っているホタル撮影ですが、来年は、違う場所で撮影してみようかと考えています。

良い場所ないですかね。

 

以上
東大阪の理容室
オーパス21の前田でした

 

コメント