スポンサーリンク

思い切ってショートヘアにしてからのコテパーマ

お知らせ

☆ 完全予約制で営業しています。

当日ご来店の場合も、必ずお電話で空き時間の確認をお願いします。

☆ 自粛していたシェービングを再開しました。ただし、新型コロナウイルスの感染者数が増加傾向になると、再び自粛することがありますので、ご了承ください。

マスクをしたままでカット可能です。

受付時間
火曜日~金曜日 : AM 9:00~PM 6:30
土日祝日 : AM 9:00~PM 6:00

06-6781-6459

コテパー

髪を短くカットすると『ツンツン』と立ってしまう、または癖が無くなりセットしにくくなってしまう。

こんな方は多いんです。

 

そんな理由で、ショートヘアにしたいけど、できない悩みを持っている方がいます。

今日は、そんな悩みをコテパーで解決した方を紹介します。

 

 

髪質
細目のストレートヘア

ダメージ
まったくないバージンヘア

こんな髪質の方です。

 

今回、最初にお断りしておきたいことがあります。

撮った写真が手ブレしてるんです(-_-;)

 

シャッタースピード優先で撮っていまして、普通であれば最低でも1/200くらいで撮るのに、なぜか1/20という遅いシャッタースピードになっていまして、後で確認したら手ブレしていたのに気づいた次第です。

 

それを踏まえ、紹介させてもらいます。

 

コテパー

 

今回、ショートヘアにしたいということで、思い切って短くしました。

サイドとバックは刈り上げたスタイルです。

 

コテパー

 

この髪にコテで癖をつけていきます。

 

コテパー

 

 

コテパー

 

フロントはあまり癖をつけたくなかったので、熱をあまり入れず、弱いパーマにしています。

コテパーの場合、熱を使うパーマなので、パーマ液で強弱をつける方法と、熱でコントロールする方法の二種類があります。

方法は選べるものの、初めて来られる方の場合、コントロールするのが難しいのが事実です(;^ω^)

この方の場合、何度もコテパーをしていて、かかり具合が頭に入っているので可能だったのです。

うっかりミスをしないように、カメラに頼りすぎないようにします^^

 

以上
東大阪の理容室
オーパス21の前田でした

 

コメント