スポンサーリンク

清水寺に向かう三年坂にある枝垂桜が満開だった

三年坂の枝垂桜

 

先日の月曜日、朝の7時頃降り立ったのは阪急電車の河原町駅。

 

ここから四条通りを東山に向かって歩いて行きます。

 

朝が早いこともあり、いつもなら大勢の人で賑わっている花見小路もご覧の通り。

 

花見小路

 

さらには、ねねの道

 

ねねの道

 

さらには清水寺に向かう二年坂

 

二年坂

 

このように人影がまばらな道を散策することができます。

 

 

なぜこんなに早く京都に向かったのかと言いますと、どうしても見たいと思っていた桜があるからです。

 

 

清水寺に向かう途中にある三年坂。

この途中にしだれ桜があり、もう何年も前から、この桜が満開の時に見てみたいと思っていたのです。

 

 

50の半ばになり、あと何回満開の桜を見られるのだろうと強く思うようになってきました。

 

昨年、一昨年とチャンスを伺っていましたが恵まれませんでした。

 

でも今年は、開花状況と天気、そして定休日の予定が合い、行ってきたのです。

 

 

河津桜や寒緋桜など、早咲きの品種もありますが、3月下旬から4月上旬にかけて咲くのは

しだれ桜

ソメイヨシノ

八重桜

という順序で咲いていくそうです。

 

 

一般的に、桜のオンシーズンといえる今、京都の桜の先陣を切る役目をになっているのです。

 

 

見事に満開になっていました♪

 

早朝にもかかわらず結構な数の観光客がいたり、この桜を背景に、ウェディングドレスを着た女性が、結婚式の前撮りをしていたのには驚きました。

なので、想定していた人が写りこまない写真を撮るのが難しい状況でした。

 

 

先週は、サイト作りがうまくいかず気分が沈んでいたのですが、この桜を見て頭の中がすっきりしたような気分になれたのです。

 

惜しむらくは、空が少し白っぽかったこと。

 

綺麗な青空であれば、もっと桜が映えたのに、ということと、午前中に用事があったので、ここまで来ていながら清水寺に行けなかったのが、とても残念でありました。

 

 

コメント