スポンサーリンク

横に膨らむ髪にコテパーをかけてボリュームを抑える際に知っておいてほしいこと

当店は8/19(月)~8/22(木)まで夏期連休となっています。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

髪が多くて太い人の悩みで多いのが、膨らむということ。

ショートヘアにしたいのに、短くすると髪が立ってしまいセットがしにくくなるのです。

ドライヤーとスタイリング剤を使えば抑えることは可能です。

でも、丸一日持たせるのが難しいのです。

そんな時、コテパーマがおすすめです。

今回は、ボリュームを抑えるため、根元の矯正が必要なので、まずは半円型をしたアイロンで根元の矯正を行います。

半円アイロン

上の写真が半円型のアイロン。

これで癖付けしたあと、丸いコテを使って毛先にカールを付けていきます。

今回、横が膨らむという事象において、一つ書いておきたいことがあります。

横が膨らむということは、だいたい、下の写真の耳の上あたりが膨らむと感じている方が多いようです。

しかし、ワタシたち理美容師から見ると、耳の上だけじゃなく、耳の後ろを含めた横全体が張っている方が多いのです。

コテパーマでこの問題を解決するには、一見、前から見えないだろうと思う部分まで施術する必要があるのです。

もしかしたら、そんなところまで必要ない。。。

と感じる人がいるかもしれないので書いてみました。

必要な部分は施術して、必要ない部分には施術しない。

髪を必要以上に傷めないためにも重要な事なのです。

以上
東大阪の理容室
オーパス21の前田でした

コメント