スポンサーリンク

コテパーマで一番人気は普段の手入れを楽にするヘアースタイル

コテパーマ

直毛、ストレートヘアーに少しだけ癖をつけると毎日の手入れがとても楽になります。

 

それを可能にするのが『コテパーマ』。

髪にパーマ液をつけてからアイロンで熱処理を加えるパーマです。

 

]

コテパーマ

 

通常のパーマは髪が濡れている時にカールが強くなり、乾くとゆるくなります。

 

一方、『コテパーマ』は髪が濡れている時にカールが弱くなり、乾くと強くなります。

 

濡れている時のカール 乾いている時のカール
コテパーマ ゆるくなる 強くなる
通常のパーマ 強くなる ゆるくなる

 

濡れた時と乾いたとき、まったく逆となっています。

これはどのような差となるのか?

 

一言で言いますと、再現性が高い

再現性が高いと髪のセットが楽になり、毎日のセットにかける時間が短くなります。

 

 

髪を後ろにかき上げる癖のある方は、単純に流す癖をつけるのがベスト。

とはいえ、パーマはあくまで補助であって、一番重要なのはベースとなるカットです。

 

当店では、一度コテパーマをかけられたら、3ヶ月は空けてくださいとお願いしています。

 

髪の体力温存がその理由です。

 

また、3か月空けるにことを実現するには途中のカットも重要なので、しっかりとカットさせてもらっています。

 

毛束感があるスタイルはカッコイイですよね。

 

でも、一番喜んでもらえるのは、普段の手入れが楽なヘアースタイルです。

 

 

 

 

日々の手入れを楽にするコテパーマの紹介でした。

 

写真撮影のご協力ありがとうございました。

 

 

最後にコテパーを希望する方に、必ず知っておいてほしいことを書いておきます。

 

コテパーマは髪質を選びます

残念ながら、コテパーは髪質を選びますので、以下の一つでも当てはまる場合、施術をお断りする場合があります。

  • 猫毛と呼ばれるような柔らかい髪
  • 毛染めやブリーチによって傷んだ髪
  • パーマ・縮毛矯正によって傷んだ髪
  • 短すぎる髪(5センチ以下)
  • 長すぎる髪(15センチ以上)

 

コテパーマの賞味期間

アイロンパーマの賞味期限は通常2か月程度ですが、髪質や髪のコンディションによって左右され、場合によったら1か月程度で取れるケースもあります。

 

コテパーマの施術間隔

髪の体力を温存するため、毎月の施術はしておりません。
最低でも三か月は空けていただきます。

髪の体力が落ちてくるとパーマがかからなくなるので、これは良い結果を出すために必要な髪の休息期間です。どうかご理解ください。

 

コテパーマ後の髪の手入れについて

普通のパーマであってもアイロンパーマであっても、日々の手入れ・セットは、絶対に必要です。

コテパーマは、スタイリングを楽にすることは出来ますが、セットレスにするものではありません。

 

ブログへのゲスト出演は強制ではありません。

記録用として撮らせてもらう場合もありますが、ブログへの投稿に関しては、ゲストの承認を得て使用しています。
ブログへの出演に関しては、ご遠慮なく断ってください。

 

 

以上
東大阪のヘアーサロン
オーパス21の前田でした

 

 

 

コメント