スポンサーリンク

大阪府に2度目の緊急事態宣言が発出されましたが、当店は通常通り営業しています。

CocoonでWordPress5.6にしてウィジェットが使用不能に ダウングレードで解決した

このブログは【WordPress(ワードプレス)】で書いています。

そして、テーマ【Cocoon(コクーン)】。

 

Cocoonは無料ながら、とても優れたテーマなので、これからワードプレスを始める方にオススメです。

 

Cocoon
SEO・高速化・モバイルファースト最適化済みのシンプルな無料Wordpressテーマ。100%GPLテーマです。

 

 

さて、このcocoonで、ちょっと困ったことが起きていました。

 

困ったこととは、WordPress 5.6に更新したらウィジェットの更新が出来なくなったのです。

 

 

ウィジェットとは、ページ内の特定の部分に任意の文章や写真を表示できる機能です。

ワタシは、本文の下の定休日のお知らせなどをウィジェットを使って表示しています。

 

ウィジェットを使うことで、すべてのページで同じものが表示されます。

 

これが、どういう意味で良いのか?

 

たまたまGoogleで検索して表示されたページが数年前のものであっても、定休日は最新のものを表示できます。
アメブロなどの場合、本文下に直近の定休日やお知らせを書いた場合、それがずっと残ってしまいます。

しかし、ウィジェットを使って最新のものが表示できていれば、過去の記事を読んでくれたユーザーが過去の定休日を見て混乱することがないのです。

 

 

スポンサーリンク

ウィジェットが使えなくなった原因はWordPress5.6への更新

 

ウィジェットが更新できなくなった原因を探るため、cocoonのフォーラムで問題が出ていないか調べるも見つけられませんでした。

そうなると、自分で調べるしかありません。

 

こんな時のため、ワードプレスを3つ作っていて、トラブルが起きたときに試験が出来るようにしてあるので、問題が起きている所と起きていない所を比べてみると、どうやら、WordPress 本体の更新で最新の【WordPress5.6】にしたことが理由だと判明しました。

 

ワタシはいつも、大きな更新の時は、しばらく置いてからするのに、今回は、わりと早い段階で更新してしまったのです。

 

参考までに書いておくと、大きな更新とは【5.5】から【5.6】に変わるような場面です。

5.5は以下のような更新が行われました。

 

  • 5.5
  • 5.5.1
  • 5.5.2
  • 5.5.3

 

そして、5.6 になりました。

 

wordpressの更新履歴は下のサイトで調べられます。

 

Releases
Browse and download previous versions of WordPress for testing and development.

 

 

5.5.1から5.5.3のような変化は、マイナーチェンジのようなもので、大きな問題が出ることはあまりありません。

しかし、4.0から5.0に変わるようなときや、5.5から5.6に変わる時は、けっこう不具合が出ることがあるのです。

 

ただし、すべてのユーザーで不具合が出るのではなく、使っているテーマやサーバー環境によって不具合の程度は違っています。

 

ウィジェットが使えなくなった様子

 

今回は、先ほど書いたように【本文下のウィジェット】が更新できなくなったというものです。

 

どのようになったか、写真を使って見てもらいましょう。

 

まずは正常なものを↓

 

 

 

このように、文字を入力するエリアが表示されています。

 

次に不具合が出ている状況を↓

 

 

 

 

 

文字入力するスペースがまったく出てくれません。

そして、なぜか header_continer_text_color の文字が出ています。

 

 

ワードプレスをダウングレード

 

原因は、(ワタシの環境では)先ほど書いたようにテーマを最新の5.6にしたからでした。

 

そこにたどり着くまでの流れは以下のような感じです。

 

 

試行錯誤していて、ダウングレードすれば直るんじゃないかと思いついた。

 

しかし、今まで、ワードプレス本体のダウングレードなんてしたことがない…

そもそも、ダウングレードできるのか?

 

そこで調べてみると、ダウングレードは可能だったのです。

 

ならば、5.6 → 5.5.3 に戻してみよう。

 

こんな流れでダウングレードを試してみました。

 

 

ダウングレードの方法は2種類。

 

ダウングレードの方法はいくつかありますが、今回、候補に挙げたのは以下の二つです。

  1. FTPクライアントソフトを利用してサーバー内の情報を自分でダウングレード
  2. プラグインを使ってダウングレード

 

1の方法は、時間と手間がかかりそうだし、間違ったら、取り返しのつかないことになりそうな感じ

ということで、プラグインを利用することにしました。

 

 

使ったのは【wp downgrade | specific core versio】というプラグインです。

 

https://shu-sait.com/wordpress downgrade/

 

このプラグインを使った結果、たった数分で問題解決したのです。

 

 

プラグインを起動して、元に戻したいバージョンを入力してページ下の【変更を保存】をクリック。

次に出てきたページの下部にある【Up-/Downgrade Core】をクリックしたら終了です。

 

これでウィジェットが使えるようになりました。

 

元通りに使えるようになってから、ワタシがもう一つ行ったのは、ダウングレードのためにインストールした【wp downgrade | specific core versio】を削除したことでした。

 

今後、ほぼ使うことがないプラグインが残っているのは、トラブルのもとを増やすだけという認識なので、削除するようにしています。

 

削除しても、ダウングレードしたバージョンが変わることなく使えています。

 

色々と書きましたが、これはワタシの環境での話なので、同じ方法で不具合が出ても、責任は一切負えませんので、よろしくお願いします。

 

以上
東大阪のヘアーサロン
オーパス21の前田でした

 

コメント