白髪染めをして、真っ黒になってしまった。という事をイメージ画像で説明してみました

シェアする

白髪染めの需要というのは年々増えていると、
カラー剤を作っているメーカーが言っているそうです。

具体的な数字はよく分かりませんが、
高齢者社会が進んでいる今、
当然といえば当然の話しでしょう。

男性の場合、年齢的に考えると、
40代になると白髪が気になりだす方が多いようです。

すべての方が同じではありませんが、
多くの人はもみあげ部分に白いのが出てきて、
やがてサイドに白いのが増えてくるパターン。

これが多いようです。

次に前髪にも出てきて、
朝、鏡を見るたびに気になってきて、
染めてみようか。。。
となるケースが多いように思います。

まず向かうのはドラッグストア。

店に行って白髪染めの薬剤を見てみると、
たくさんの種類があって、
どれを買えばいいのか分からない…

白髪染めだし「自然な黒」などと
書かれているのでいいだろう。
と決めて買ってきた。

そして初めての白髪染め。

男性の場合、とりあえず説明書を
よく見る人が多いので、
説明書通りに薬剤を作り、
ペタペタ塗ってみる。

ところがこれがけっこう難しくて、
ムラになっているような気がするものの、
始めてしまったものは後には引けない。

なんとか塗り終わり、
所定の時間を置いてからシャンプーしてみた。

すると

なんだか黒い。黒すぎる…

自然な黒と書いてあったのに…

てなことを、お客さんから聞くことがあります。

黒くなりすぎてしまった理由は何なのか?

原因はいくつかありますが

カラー剤の色選びのミス
時間の置きすぎ

この二つが主な原因となっていることが多い。

時間の置き過ぎ。
これは自分でコントロールできますよね。

となると、カラー剤の色選び。

この色選びが難しいのです…

実のところ、プロでも難しい(;^_^A アセアセ・・・

毛染め・ヘアカラーをする時、
まず最初に考えるのは
「アンダーカラー」などと呼ばれる、現状確認です。

初めての毛染めでも何度か染めている場合でも、
染める前の現状確認をします。

簡単に言うと髪色を見るのです。

そして、髪色に合った薬剤を選定して染める。

これが基本です。

では、どのような理由で黒くなってしまったのか?

その一例を図で示してみました。

まず最初は現状確認です。

黒髪に白髪が混じっている状態↓

白髪と黒髪のイメージ

黒に白は対比がハッキリしているので、
白髪がよく目立つのです。

気になるので白髪染めをしてみた↓

白髪染め

ちゃんと白髪が染まっていますね。

でも、ちょっと違和感を感じてしまう。

初めて染めたので、慣れていないせいかもしれない。

たいていの方はそう思います。

確かに違和感があって当たり前なので、
これも間違いではない。

でも、原因としてこんなこともあるのです!

自分の元の髪色と、
買ってきた薬剤の色味が合わなかった。

色味が合わなかったために
染め上がりに違和感が出てしまう…

これをイラストで示してみましょう。

現実には不可能ですが、
買ってきた白髪染めで
白髪だけを染めてみたイメージです↓

白髪だけを染めてみたイメージ

いかがでしょう?

元の髪色よりも、
買ってきた薬剤の色が黒いのです。

分かりやすく言うと、
自毛の黒髪はまっ黒ではなかったのです。

「えっ!」黒じゃないの? と思った方、
周りの黒髪の人を観察してみてください。

分かりにくいかもしれませんが、
墨を塗ったように真っ黒な人なんて、
ほぼいません。

そこに黒で染めてしまったので、
暗くなってしまったのです。
下のイメージを見てください。
上で示した図を横並びにしてみました↓

黒くなってしまう理由

黒くなってしまう理由として、
こんなことが考えられます。

と、分かったようなことを書きましたが、
正直、狙い通りの色を出すのは、
プロでもとっても難しいのが現実。

真っ黒でイイ。
と言う希望が一番簡単かもしれません^^

=== / / / === / / / ===

大阪府東大阪市の近鉄奈良線と
JRおおさか東線の河内永和駅から
徒歩8分のヘアーサロン

Hair Stage オーパス21のHP

DO-S シャンプー
バーデンス スキャルプシャンプー
販売・取扱店

大阪府東大阪市長栄寺21-25
お店の地図はコチラ

ご予約のお電話はコチラ 06-6781-6459

お問い合わせ ご質問のメールはコチラからどうぞ

営業時間
火曜~土曜 / 9:00~7:30
日曜・祝日 / 8:30~7:00

『9月の定休日のお知らせ』
15(月)・16(火)
22(月)
29(月)

『10月の定休日のお知らせ』
6(月)
13(月)・14(火)
20(月)・21(火)・22(水)
27(月)

スポンサーリンク

フォローする