捨て猫物語

ドーモ

フツーの理容師

オーパス21の前田です。

今日から6月。

6月と言えば梅雨ですね。。。

暑くても湿度が低ければイイのですが

梅雨=湿度

これが嫌なんですよね。

さてさて、今日は猫の話を書いてみます。

今年の初めでした。

店の裏で猫が鳴く声がしたのに気づき見てみると、子猫がいるのを見つけました。

生まれて間もないというほど小さいわけではないものの、まだ子猫の可愛さが残る黒い猫でした。

こんなことはよくあるので、気にはなるものの、エサをあげるなどはしませんでした。


そもそも、我が家には2匹の猫がいるめ、これ以上飼うことはできません。

なので、見て見ぬふりをしていたというのが正直な所です。


今年の冬は寒かったのを覚えているでしょうか?


その寒い中、この子猫は、どこにも行かず、ずっと居続けたのです。


ただ、丸一日いるわけではなく、日中はどこかに行っているようでした。

姿が見えないときは、たぶんどこかにエサを食べに行っていたのだろうと思います。

そんなことが約2ヶ月続きました。

寒い寒い冬だったので、何も食べないままだと死ぬんじゃないかと、気が気ではありませんでした。

そんなことで気になるので、ちょくちょく見ていたせいでしょう、猫はワタシの顔を覚えたようで、姿を見つけると「ミャー ミャー」と鳴くようになってきました。

そんな時に撮ったのが下の写真です↓

誰かが捨てたマットレスを寝床にして雨風を防いでいたのです。

この猫を初めて見た時、我が家の二匹の猫をMIXしたような顔をしているので、妙な親近感を覚えました。

でも、飼うことはできない。。。

そんな折、ワタシの母親が「ペットが欲しい」と話しているということを奥さんから聞きました。

昨年の11月に父親が救急車で運ばれることがあり、その後、退院できたのは年が明けた1月の中旬でした。

その間、気分的にすぐれないことが続いたことが、こんな気持ちにさせたのだろうと思います。



話はワタシが子供のころの30年ほど前にさかのぼります。

当時、犬を飼っていました。

その犬は一見、黒の毛色でしたが、胸元と4本の足先だけ靴下を履いているように白い色をしていました。

この犬を一番可愛がっていたのが母親でした。

その母親がペットを飼いたいと話している。

ならばと思い、店に来てもらい、裏にいる子猫を見てもらいました。

そして子猫を見た母親は、心が動いたようで「飼いたい」と言いました。

なぜなら、その子猫の姿がこんな姿をしているのです↓


なんと、飼っていた犬と同じ毛色なのです。

もちろん犬と猫という違いはあるものの、何かの縁を感じたようでした。

そうとなれば、保護するように動いてみよう。

となり、少しずつ餌付けを始めたのです。

つづく。

=== / / / === / / / ===

大阪府東大阪市の近鉄奈良線と
JRおおさか東線の河内永和駅から
徒歩8分のヘアーサロン

Hair Stage オーパス21のHP

DO-S シャンプー バーデンス スキャルプシャンプー
正規販売・取扱店

大阪府東大阪市長栄寺21-25
お店の地図はコチラ

ご予約のお電話はコチラ
06-6781-6459

お問い合わせ ご質問はコチラからどうぞ

スマホや携帯で迷惑メール設定をしている方は

このアドレスを受信できるように設定をお願いします

営業時間
AM9:00~PM7:00

『2017年6月の定休日のお知らせ』
5(月)
12(月)・13(火)
19(月)・20(火)
26(月)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク