写真がぼやける理由はピントじゃなくノイズと解像度の問題かもしれません

寒いです。

寒いの嫌いなんです。

ドーモ、オーパス21の前田です。

昨日のブログをアップしてから気づいたことがあったのです。

APS-Cとフルサイズのノイズ比較の話でしをしました。

ノイズは黒い部分に出やすいので髪に出やすいと書いたのに、比較に使った黒い被写体はレンズキャップになっている。

なんで髪の毛で比較しなかったのかと…

ひょっとしたら、理美容師さんの中には店内で撮った写真を見て、イメージとなんか違う…

と思っている方がいるんじゃないか。

その理由が分からずモヤモヤしている人がいるんじゃないのか?

と思ったので比較してみました。

昨日の写真は定休日の店内で、照明をいつもの半分程度しか点けず、シャッターが半分閉まった状態でした。

でも今日は、シャッター全開の日中で、照明も営業時と同じ明るさでテストしています。

昨日と同じくカメラはデジ1のAPS-Cとフルサイズ。
ISO感度はどちらも1600で固定し、レンズは同じものを使っています。

まずは少し引いたAPS-Cとフルサイズ写真の比較。

APS-C

フルサイズ

昨日の写真と同じように、この比較だと、差は分かりませんよね。

では寄ってみましょう。

APS-C

フルサイズ

APS-Cのほうは全体にザラザラしています。

見方によってはピントが合っていないようにも見えますがノイズの影響が大きいのです。

そして、髪の1本1本がハッキリせずに潰れてしまっていますよね。

これはノイズにプラスして、解像度と呼ばれるものが低いカメラで撮るとこのようになるのです。

昨日も今日もデジ1での比較です。

APS-Cのカメラをコンデジやスマホに置き換えると、この差はもっと歴然と出てきます。

好きなことを書きましたが、写真の質に違和感を感じず、自分で納得できていれば、写真はそれでいいのだと思います。

伝えたいものが伝われば、それで目的は達成できる訳ですからね。

ワタシは納得できなかったので、フルサイズに移行したまでのこと。

もし、今日伝えた写真のザラつきやディティールのことで違和感を感じていてた人が一人でもいたなら、幸いでございます。

=== / / / === / / / ===

大阪府東大阪市の近鉄奈良線と
JRおおさか東線の河内永和駅から
徒歩8分のヘアーサロン

Hair Stage オーパス21のHP

DO-S シャンプー バーデンス スキャルプシャンプー
販売・取扱店

大阪府東大阪市長栄寺21-25
お店の地図はコチラ

ご予約のお電話はコチラ
06-6781-6459

お問い合わせ ご質問はコチラからどうぞ

営業時間
火曜~土曜 / 9:00~7:30
日曜・祝日 / 8:30~7:00

『2015年3月の定休日のお知らせ』
16(月) ・17(火)
23(月)
30(月)

スポンサーリンク