緩いパーマでもダメージはあるのです

髪が傷んでるのは理解している。

でもパーマや毛染めをしたい。

そう思っている方は多い。

今日は髪が傷んでいるのを理解している人が、考えがちな間違いを書いてみます。

  • 緩いパーマなら傷まないだろう
  • ちょっと色を変えるだけの毛染めなら傷まないだろう

こんなことを考えている方がとても多いのです。

がっ!

緩いパーマでも色を少し変えるだけでも傷むものは傷むのです。

例えばこんな髪の場合↓

ダメージヘア

ブリーチを数回
ヘアカラーを数回
週に半分はアイロンで巻髪

こんな鬼畜のようなことを繰り返された髪の毛先です(^_^;)

ここまでのダメージヘアになると、水で濡らしただけでフニャフニャになり、コシはありません。

もし、こんな髪にパーマをかけようとして、思い通りには絶対にかかりません。

パーマにしてもヘアカラーにしても髪のたんぱく質に働きかけて作用するものなのですが、このような髪にはタンパク質の残りが少ないため、薬剤が働く場所がありません。

だからパーマをかけようとしてもかからない。

プロであれば、この髪にこれ以上の負担をかけることはしないと思います。

でもしかし、もしこの髪にパーマをかけた場合、パーマはかからずに、ダメージだけが進行するのです。

当然、薬剤の強さによってダメージの強弱は出てきますが、強いパーマでも弱いパーマでも同じく傷みが進行します。

この髪に負荷をかけてみたので、それをお見せしましょう。

弱いパーマの薬剤を塗布してアイロンを通してみました↓

ビビリ毛

この状態が『ビビリ毛』と呼ばれる状態です。

こうなると、元の健康な髪には戻りません。

傷んだ状態を認識している方が来店された時、よく聞く話がトリートメントを何度もしているとか、高いトリートメントを使っていると言われます。

でもね、一度傷んだ髪は、どんなに高級なトリートメントをしても絶対に元には戻りません。

もし戻ったと思っているのなら、それは勘違いです。

トリートメントは手触りをよくして誤魔化しているだけ。

トリートメントで髪が元の健康な髪に戻るのなら、シャンプーだけで済ませても、手触りがよくなるはずです。

でもそうじゃないですよね。

パーマはかからずにダメージだけが進行する。

ということは、何一つ良い事はありません。

こうならないように、できるだけ髪に負担をかけないようにしてくださいね。

=== / / / === / / / ===

大阪府東大阪市の近鉄奈良線と
JRおおさか東線の河内永和駅から
徒歩8分のヘアーサロン

Hair Stage オーパス21のHP

DO-S シャンプー バーデンス スキャルプシャンプー
販売・取扱店

大阪府東大阪市長栄寺21-25
お店の地図はコチラ

ご予約のお電話はコチラ
06-6781-6459

お問い合わせ ご質問はコチラからどうぞ

営業時間
火曜~土曜 / 9:00~7:30
日曜・祝日 / 8:30~7:00

『2015年4月の定休日のお知らせ』
13(月)・14(火)
20(月)・21(火)
27(月)

『2015年5月の定休日のお知らせ』
4(月)
11(月)・12(火)
18(月)・19(火)・20(水)
25(月)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク