散りもみじ

シェアする

時間の限られた中、今年は奈良と京都の紅葉を楽しんできました。

紅葉の終盤、もみじの葉が地面に舞い落ちると、

あとは茶色く枯れていくだけになることが多いのですが、

木の種類によるのでしょうか、

舞い落ちた葉の紅がしばらく残り、

散りもみじとして命を吹き込まれることがあります。

毎年、ワタシが楽しみにしている散りもみじの庵に、

今年も足を運んできました。

今年は二度行ってきたので、

まずは紅葉が始まる前の光景からお見せします↓

厭離庵

このように、11月半ばはまだ緑が鮮やかで、

訪れる人も少なく、のんびりとこの光景を堪能してきました。

そして12月初旬になると紅葉した葉が鮮やかに地面を埋め尽くします↓

厭離庵

ここは京都嵯峨野の厭離庵という所。


秋の紅葉時期にしか、拝観することができなくて、

今年はこの週末くらいで拝観が終わると思います。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク