3年ぶりの舞洲ゆり園で感じた事

先週末のこと、お客さんとの会話で出てきたのが

大阪の舞洲と言われるところで

開催されている「ゆり園」でした。

この舞洲は、USJのさらに海側にある埋立地でして、

大阪でオリンピックが開催されていたなら

ここがメイン会場になったであろう場所なのです。

このゆり園に行かれた方が「とても奇麗だった」と

話していました。

それなら行ってみるか!

と今週の定休日に行ってきました。

定休日と言えど、丸一日自由にできることが

ほとんどないため、到着したのは午後4時前…

閉園が5時なので、見られるのは1時間。

ちょいと急ぎ足で回ってきました。

園内に入ると、かすかにゆりの香りが漂ってきました。

06_21s

雨が降りそうな曇天のため花の色が鮮やかに出ない状況。

それに加え、時間がないので腰を据えて写真を撮れない。

帰宅して写真を確認するも、なんだかボヤけた写真ばかり…

写真は天気に左右されることがあるので、

それを逃げ道にしております^^

舞洲ゆり園今昔

「今昔」なんて、ずいぶん大げさな見出しです^^

詳しくは分からないものの、

舞洲のゆり園は今昔というほど昔から

あったものではないと思います。

ワタシが初めて行った年が2013年。

この時に見た「ゆり」のけなげな姿が哀れに見えて、

それ以降、行く気持ちになれなかったのです。

そのことをちょいと書いてみます。

まずは2013年と2016年の写真を比較してみましょう。

2013年のゆり園

2013年のゆり園

2016年のゆり園

2016年のゆり園

機材が変わっているのでボケが大きくなり、

2016年のほうが、たくさん咲いているように見えますな^^

続けて比較写真を

2013年のゆり園

2013年のゆり園

2016年のゆり園

2016年のゆり園

この比較写真を見ると、違いがあるようには見えませんよね。

でもね

2013年のゆりは健気だったのです。

というのも、2013年当時は、ゆりを植えている

土壌がひどかった。。。

比較で貼った2013年の写真は斜めから

撮っているので分かりにくいのですが、

撮りようによっては、こんな感じに見えたのです↓

2013年のゆり園

隙間が広くて茎も細くてヒョロヒョロしていました。

近くによって土壌を見てみるとこんな感じでした↓

2013年のゆり園

ゆりが、ガレキに植えられていたのです。。。

そもそもが埋立地なので、良い土壌でないのは分かる。

でも、お金を取って見てもらうにはひどすぎると

当時思ったのです。

今年もこんな状況が無かった訳ではなく、

基本的な土壌はそのまままようでした。

2016年のゆり園

2016年のゆり園

下草が伸びていることで、土壌が見えにくくなっています。

でも、少しずつ土が良くなっているのでしょう。

ゆりの茎が太くなり、丈も高くなっていました。

品種によっては、鈴なりに花をつけているものもありました。

2016年のゆり園

これを見ただけで、ゆりにとって育ちやすい環境が、

2013年よりも整っていることが分かります。

これなら来年も来てもいいかな。

てなことを感じたのでした。

ではまた♪

=== / / / === / / / ===

大阪府東大阪市の近鉄奈良線と
JRおおさか東線の河内永和駅から
徒歩8分のヘアーサロン

Hair Stage オーパス21のHP

DO-S シャンプー バーデンス スキャルプシャンプー
販売・取扱店

大阪府東大阪市長栄寺21-25
お店の地図はコチラ

ご予約のお電話はコチラ
06-6781-6459

お問い合わせ ご質問はコチラからどうぞ

スマホや携帯で迷惑メール設定をしている方は

このアドレスを受信できるように設定をお願いします

営業時間
AM9:00~PM7:00

『6月の定休日のお知らせ』
20(月)・21(火)
27(月)

『7月の定休日のお知らせ』
4(月)
11(月)・12(火)

18(月/祝)・19(火)
25(月)



スポンサーリンク

シェアする

フォローする