フケ・かみを防ぐ成分として使用されているトリクロカルバン配合の抗菌石鹸などの販売禁止(アメリカ)

シェアする

2016年9月2日に米食品医薬品局(FDA)は、

19種類の殺菌剤を含有する

抗菌せっけんなどの販売を禁止すると発表したそうです。

「効果の科学的証拠なし」、抗菌せっけんの販売禁止 米国

禁止する理由は、通常の石鹸と比較しても、

優れた殺菌効果があるとは言えないのがその理由。

さらに

抗菌成分が健康に悪影響を及ぼすリスクがある

と警告しているのです。。。

そもそも、FDAは2014年に規制強化を発表していたようですが、

規制しきれなくなったのか、販売禁止という判断をしたようです。

kinsi

健康に悪影響を及ぼす成分として名指しされたのが

以下の2つの成分です。

トリクロサン

トリクロカルバン

ワタシゃ驚きましたよ。

トリクロカルバンって、シャンプーなどにに含まれていて、

馴染みのある成分なのです。

トリクロサンとトリクロカルバン

この2つの成分は、

耐性菌が増えるリスクがあるほか、

ホルモンの働きを阻害して

健康への影響が懸念されるといのです。

オーパス21で導入している育毛系のシャンプーに

『資生堂246』というシリーズがあります。

乾燥・脂性など、頭皮の状態別に使い分ける

構成になっているのですが、フケ・カユミがある方用の

シャンプーに、トリクロカルバンが配合されているんです。

店の営業的には、脂性用のシャンプーしか使用していないので、

問題はないものの、これって、殺菌業界(そんなのあるかな^^)では

かなり大きな問題になりそうな気がします。

というのも、有名な薬用石鹸にもよく使われている成分なので、

影響が大きいと思うんですよね。

それなら代替の成分を使ったら?

となるのですが、

FDAはこのように述べているそうなのです↓

「通常の石鹸と流水で洗うことは疾病を予防し、感染拡大を防ぐ上で最も効果的な方法の一つだ」

なんと

薬用石鹸自体が必要ないと断言しているのです。

いやはや驚いた。

現状、オーパス21で使用している商材で、

この二つの成分を含んだものは

先に書いたシャンプーしかないと思うのですが、

確認してみることにします。

ではまた♪

スポンサーリンク

フォローする