スポンサーリンク

3mmと0.8mmの刈り上げを比較すると、色合いとタオルで拭くときの差があります

お知らせ

☆ 完全予約制で営業しています。

当日ご来店の場合も、必ずお電話で空き時間の確認をお願いします。

☆ 自粛していたシェービングを再開しました。ただし、新型コロナウイルスの感染者数が増加傾向になると、再び自粛することがありますので、ご了承ください。

マスクをしたままでカット可能です。

受付時間
火曜日~金曜日 : AM 9:00~PM 6:30
土日祝日 : AM 9:00~PM 6:00

06-6781-6459

ドーモ

フツーの理容師

オーパス21の前田です

 

 

気温が上がってくると

「いつもより短く」

というリクエストが多くなってきます。

 

 

 

そんなことで、今日紹介する方もそんなお一人です。

 

いつもはサイド・バック・フロントのすべてに3mmのバリカンを使ってベリーショートにしています。

 

その状態が下の写真↓

 

3mmのバリカン

 

 

この方に、もっと短いスタイルを提案してみたところ、一度試したいとのことで、0.8mmのバリカンを使ってサイドとバックのみ短くしてみました。

 

 

3mmが0.8mmですから、約3分の1の長さになります。

 

これでどういった変化が出るかと申しますと、色合いが変わるだけで、大きな変化はありません^^

 

 

その状態を見てもらいましょう↓

 

1.8mmのバリカンでカット

 

 

3mmと0.8mmを比較すると、肌が透けて見えやすくなるので、見た目は白くなります。

 

 

この方の場合、髪の密度がとても多いのでそんなに白くなっていないように見えますが、密度が少ない方だと髪を剃っているように見える場合もあります。

 

 

髪は1日に、約0.3mm伸びると言われているので、7日もすれば3mmの長さになります。

 

なので、伸びるまでの日数が大幅に稼げるかというと、そうでもありません^^

 

 

ただ、この2.2mmの差って精神的な違いがあり、夏向きのヘアスタイルになったという気分になれるのであります。

 

ヘアスタイルにおいては、こんな気分の違いも、季節感を味わう重要なことなのです。

 

 

3mmのケースと0.8mmの差が顕著なのは、シャンプーのあと、タオルで拭くと、タオルが引っかかり、拭きにくいということ。

 

ゴシゴシこするのではなく、押さえて拭くようにしてくださいね。

 

 

 

昔、5厘刈りと言われた丸刈りがありましたよね。

 

5厘が一般的に、1mmの長さなのでその経験がある方は、感覚がつかめるかもしれませんね。

 

ではまた♪

 

当店で使用しているプロ用バリカン

コメント