アイロンパーマはパーマ液を使ってかけます

このブログで何度も紹介している

アイロンパーマについて書いてみます。

ドーモ
フツーの理容師
オーパス21の前田です

プロにとったら常識であっても、

素人さんはまったく分からない事って多々あります。

先日もそんなことがあったので

ブログに書いておくことにしました。

アイロンパーマ

コールドマーマ

どちらも【パーマ】という名称がつきます。

でも、似て非なるもの。

その違いを写真で見てみましょう。

まずはコールドパーマ↓

14_11_20

コールドパーマは、このように

ロッド

と呼ばれるものを使います。

髪にロッドを巻き、そこにパーマ液を塗布して

髪に癖をつけていきます。

一方、アイロンパーマです↓

01_03d

こちらはロッドを使わずに【アイロン】を使います。

アイロンってどんなの?

と言う方に写真を貼っておきます↓

02_22a

昔は【コテ】などということもありましたが、

今日はアイロンで話を進めます。

このように使う道具が違うのですが、

どちらも同じく、髪にカールをつけるものです。

ここから冒頭に書いた、プロは当然と思っていても

素人さんは分からない話に移っていきます。

使う道具は違っても、どちらも髪にカールをつけます。

このように髪に癖をつける場合、

必ず薬剤が必要になってくるのです。

この話。

知っている人にとったら当然なんですが、

知らない人にとったら『そうなの?』

と思うんですよ。

コールドパーマの場合、

自分で経験していなくとも、

理美容室に行ったときに見かけたり

テレビで見たりして、知らないうちに

知識として入っているようです。

そのコールドパーマの工程は以下の通り

1.ロッドを巻く

2.パーマ液の1剤を塗布

3.パーマ液の2剤を塗布

このようになります。

一方のアイロンパーマの工程

これは馴染みがないので、

分からない人がいるんです。

というか、始めてこのパーマをする方は

ほとんど知りません。

ではその工程を書いてみます。

1.パーマ液の1剤を塗布

2.アイロンを巻く

3.パーマ液の2剤を塗布

これを読んで、知っている人は

「どこが分からないの?」

となるんですよね。

では、『素人さんが知らないこと』を書いてみます。

それは…

『アイロンパーマも薬剤を使う』

という事なんです。

というのも、アイロンを使ってクルクルになった

状態を見ると、そこに薬剤が必要だと

感じないのかもしれません↓

14_04_20b

繰り返し書いておきますが、

アイロンパーマは薬剤を使います。

なぜ薬剤が必要なのか?

それは薬剤を使わないと

カールが固定しないから。

使用するパーマ液は

コールドパーマもアイロンパーマも同じものです。

さらに言うと髪に癖をつけるパーマや、

まっすぐにする縮毛矯正では、

必ずパーマ液を使います。

ついでに書いておきますと、

同じようにパーマ液を使う

アイロンパーマとコールドパーマですが、

アイロンパーマは薬剤処理に加え

熱処理も加わるので

髪のダメージが増します。

分かりやすく言うと、

傷みやすいのです。

だから、パーマよりもハードルが高くなるのです。

ということで、アイロンパーマもパーマ液を使う。

ということを知っておいてください。

ではまた♪

=== / / / === / / / ===

大阪府東大阪市の近鉄奈良線と
JRおおさか東線の河内永和駅から
徒歩8分のヘアーサロン

Hair Stage オーパス21のHP

DO-S シャンプー バーデンス スキャルプシャンプー
販売・取扱店

大阪府東大阪市長栄寺21-25
お店の地図はコチラ

ご予約のお電話はコチラ
06-6781-6459

お問い合わせ ご質問はコチラからどうぞ

スマホや携帯で迷惑メール設定をしている方は

このアドレスを受信できるように設定をお願いします

営業時間
AM9:00~PM7:00

『3月の定休日のお知らせ』
7(月)
14(月)・15(火)・16(水)
21(月)・22(火)
28(月)



スポンサーリンク

シェアする

フォローする