スポンサーリンク

ワードプレスの無料テーマCocoonの「Cocoon Blocks」を使うには、プラグインのインストールが必要

ワードプレス。

と聞いて知っている人は本気でブログを書きたいとか、ホームページを自分で作りたい、または作ってみたいと思った人だと思います。

ブログを書いている人にとっても、一般的には無料で作れないというデメリットもあるので、分からなくても、何の問題もありません。

ということを断っておいて今日のブログを書いていきます。

このブログはワードプレスで書いています。

このワードプレスには『テーマ』という、ブログの構成やデザインなどを決めるものがあります。

アメブロで例えると『ブログデザイン』といったところでしょうか。

ワタシは数あるテーマの中で『Cocoon』というテーマを使っています。

テーマには有料のものがありますが、『Cocoon』は無料。

無料と言っても、ワタシにとっては十二分な要素を備えています。

ワードプレスが5.0になり、文章を書くエディターが『 Gutenberg 』というものに変わりました。

この Gutenbergの使い方に、まだ慣れずにいますが、変わったことで使いやすくなった部分もあります。

それが、 文章への装飾です。

この装飾機能の中にブロック要素の装飾があります。

例えばこんな装飾を簡単に設定できます。

こんな装飾も

装飾

こんな装飾も

装飾

こんな装飾も

また、『H2』や『 H3』の見出しを適用すると、目次も自動で作ってくれます。

スポンサーリンク

H2見出しサンプル1

見出しサンプル1の内容

H2見出しサンプル2

見出しサンプル2の内容

H3見出しサンプル2-1

見出しサンプル2-1の内容

H3見出しサンプル2-2

見出しサンプル2-2の内容

Cocoonの場合、バージョン4のワードプレスのバージョンでもこのような装飾は可能でした。

しかし、 エディターが『 Gutenberg 』なったことで、Cocoonを使いやすくするためには、設定が必要になっていたのです。

具体的に言いますと、『 Gutenberg 』の画面で、左上に出てくる『+』のマーク。

ここをクリックすると、文章作成に必要な要素が出てきます。

写真では、下のほうに『Cocoonブロック』という項目が出ていますが、この項目を出すには、『Cocoon』をアップデートするだけではダメだったのです。

この項目を出すには、プラグインを入れないと出てきません。

Cocoon Blocksプラグインのダウンロード
Cocoonの旧ビジュアルエディタースタイルをブロックエディター(Gutenberg)に移植したプラグインです。

この対応が分からなくて、解決するまで半日かかりました(汗)

そんなことで、覚え書きとして書いておくことにしました^^

以上
東大阪の理容室
オーパス21の前田でした

maeda前田

コメント