スポンサーリンク

鏡開きで餅を食べると正月気分が抜けていく

焼き餅

本日、1月11日は戎様の残り福の日であり、鏡開きの日でもあります。

といっても、うちの鏡餅はこのタイプ↓

 

鏡餅

 

鏡開きはこんなことになるのです^^

 

鏡餅の鏡開き

 

もう、何年もこのタイプの鏡餅なので、いつもの事ではあるものの、このお餅を見ると『これでいいのか?』と思ってしまうのも事実。

 

これも時代の流れと自分を納得させ、網で焼いてみました。

 

焼き餅

 

ちゃんとした鏡餅ではないけど、餅は餅。

食べると美味いのです♪

 

七草粥、鏡割り、こんな行事を経ることにより、少しずつ正月気分が抜けていくんですね。

一つ不思議な感覚になるのは、正月三が日などにお餅を食べると正月気分に浸れるのに、鏡開きで餅を食べると正月気分が抜けていくこと。

同じ餅なのに不思議なんですよね^^

明日は残っているお餅でぜんざい作ってみようかと思っています。

 

以上
東大阪の理容室
オーパス21の前田でした

 

コメント