スポンサーリンク

奈良県の曽爾高原で見る星空

曽爾高原で見る星

奈良県東部に『曽爾』という村があります。

 

奈良県宇陀郡曽爾村
(ならけんうだぐんそにむら)と読みます。

 

 

大阪に住んでいるワタシは『曽爾』といえば『曽爾高原』という印象がある場所です。

 

そして『曽爾高原』といえば『ススキ』。

 

これも同時に連想する場所となっています。

 

 

 

ということで、秋のススキと高原の風景をお見せします…

 

となるのが、このブログのいつものパターンですが、今回はそんな写真がありません。

 

 

 

今回、曽爾高原に行った目的は、星を見に行くことだったので、出発したのが暗くなってからでした。

 

だから、ススキと高原の写真がないのです。

 

曽爾高原では、2018年9月15日(土) ~ 2018年11月25日(日)まで『曽爾高原山灯り』が行われていて、日没から200個の灯籠の灯りを見られるイベントが行われています。

 

それを見られたらラッキーと思いながら出発したのです。

 

途中、名阪国道の針インター近くで一度休憩を入れ、約2時間で到着。

 

小学生の頃、遠足か何かで来てからなので、おそらく40年ぶりくらいになります。

 

曽爾高原を紹介したホームページには、ライトアップは午後9時までとなっていましたが、10時近くになっても点いていたのはラッキーでした。

 

曽爾高原山灯り

 

灯籠の灯りがあるとはいえ、とても暗いため、カメラの設定をするのが大変でした。

 

三脚を立て、数枚写真を撮った頃でした。

 

灯籠の灯りが突然消え、一瞬、真っ暗になったような感覚になりました。

 

暗くなると、今回の目的である星がよく見えるようになります。

 

曽爾高原で見る星

 

曽爾高原で見る星

 

星を見に出かけても、良い条件に巡り会えない事が続いていましたが、久しぶりに綺麗な星空を見ることができました。

 

写真を撮ることよりも、流れ星を見ることに時間をかけてしまったので、良いのは撮れませんでした。

 

でも、いつ以来か分からないくらい、久しぶりに流れ星を見られたので、幸せな気分になれたのでした。

コメント