スポンサーリンク

ヒゲを何度剃っても残る理由は? 肌の負担を軽減するシェービングの方法もお伝えします

ヒゲの生えている角度

当理容室、オーパス21では男性の顔そり・シェービングのみのメニューを用意しています。

このメニューがあるため、カットを美容室でしているので、何年も理容室でシェービングをしていない、という男性が来店されます。

 

そのようにして来店された方から、先日、こんな悩みを聞きました。

『(自分で)何度剃っても、奇麗に剃れなくて、ヒゲが残ってしまう』

 

この手の悩みを聞く方の多くは、T字などのカミソリを使っている方です。

電気カミソリ・シェーバーを使っている方は、あまり深刻に感じている方は少ないように思います。

 

そんな悩みを持つ方に、普段のカミソリの使い方を聞いてみると、そりゃ、ヒゲが残ります。

という使い方をしていることが多いのが事実です。

 

ひげが残る理由を簡単に書くと、生えているヒゲに対し、カミソリを滑らせる方向が間違っているからです。

 

ヒゲって、場所によって生えている方向が違うのです。

といっても、どういうことなのか分からない方も多いと思うので、ワタシのヒゲで説明してみましょう。

 

下の写真は、ワタシの右アゴのあたりを撮った写真です。

白髪が多いので分かりにくいかもしれませんが、生えている場所によって、方向が微妙に違っています。

 

ヒゲの生えている角度

 

方向が違っていると説明されても、微妙な違いなので、プロ以外には、よく分からないと思います^^

その微妙な方向の違いをちょっと分かりやすく矢印で示してみます。

 

ヒゲの生えている角度

 

このように、ヒゲの流れのようなものがあり、部分的に生え方が違っているのです。

 

 

次は、下の写真を見てください。

ワタシの右アゴのあたりです。

 

ヒゲの生えている角度

 

ヒゲが下に向かって生えている部分と、左に向かって生えている部分があるのが分かるでしょうか?

 

それを矢印で示してみましょう。

ヒゲの生えている角度

 

もみあげの下あたりは、下に向かうヒゲと少し左に流れる生え方をしています。

でも、あごの骨の上あたりは、左に向かって真横に生えています。

 

このようにヒゲの生え方には流れがあります。

しかし、多くの方は、このような観念が無く、ヒゲは一定方向の下に向かって生えていると思っています。

でも現実は流れがあります。

このため、一定方向にだけ剃っても、ヒゲが残ってしまうのです。

 

 

では、どうすれば、きれいに剃れるのか?

それを写真で示してみますが、大切なことを書いておきます。

以下の説明は、カミソリを進める方向を説明したものであり、肌のためには、ヒゲが生えている方向とは逆方向に、いきなり剃るものではありません。

それを断ってから、説明に入ります。

 

 

下に向かって生えている部分は下の写真のように、下から上に向かって剃りましょう。

 

ヒゲの生えている角度

 

 

左に向かって真横に生えている部分は、下の写真のように、左から右に向かって剃りましょう。

ヒゲの生えている角度

 

このように、ヒゲが生えている方向とは真逆にカミソリを動かして剃ると、奇麗に剃れるので、何度剃っても奇麗に剃れない場合、カミソリを動かす方向を変えてみてください。

 

 

極端な生え癖がある方は、あごの下が下から上に向かって生えている方もいて、結構多いのです。

そんな方が下から上に向かって、何度剃っても、ヒゲが残ってしまいます。

 

指先で触ると、ヒゲがどちらに向かって生えているか分かると思います。

自分のヒゲがどのように生えているのかを頭にいれておくと、ひげ剃りに要する時間を短縮することも可能です。

 

ただ、一つ注意して欲しいのは、紹介したように、ヒゲが生えている方向とは真逆にカミソリを動かすと、皮膚への負担が大きくなり、肌を傷める原因にもなってしまいます。

お風呂に入った時、お湯で十分に湿らせてヒゲを柔らかくしたり、カミソリの滑りをよくするジェルを使うことをオススメします。

 

ひげ剃りで肌にカミソリを当てると、まったくダメージなしには出来ません。

目に見えない傷が肌に出来てしまいます。

では最後に、肌の傷を最低限にするため、ワタシがおすすめする「ひげ剃り」の方法を書いておきます。

 

ヒゲを剃る場所:お風呂

お風呂に浸かり、顔をお湯につけてヒゲを柔らかくする

シェービングジェル、もしくは石鹸を泡立てたものを肌につけてヒゲを剃る

これがおすすめです。

 

弱酸性の洗顔剤がありますが、酸性のものをヒゲに塗布すると、ヒゲが固くなるので、普通の石鹸がおすすめです。

なぜなら、石鹸はアルカリ性で、ヒゲを柔らかくする働きがあるからです。

 

また、シェービングジェルは、石鹸よりもカミソリの滑りがよくなるので、肌の負担が軽減されるのでおすすめです。

当店でもシェービングジェルを使っています。

 

 

以上
東大阪の理容室 オーパス21の前田でした

maeda前田

コメント